FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移転しました

  • 2027/07/04(日) 20:54:37

ブログ移転しました
http://blog.livedoor.jp/kyokutosaimin/

スポンサーサイト
[PR]

作品一覧

  • 2027/01/01(金) 00:00:00

あなたも催眠にかかれる!-催眠音声-
【2作目】【ダウンロード販売】【R-18】

じりつくんれーほー
【1作目】【フリー】【全年齢】

催眠で幻覚を見ることができるのか?

  • 2017/05/22(月) 22:51:07

催眠暗示反応の反応率に関するデータがあります。
1991年の実験ですが、これによると腕降下は89~92%と高い反応率がありますが、
腕挙上は73%とガクッと反応率が下がります。
腕降下は宙にかかげた腕を下ろす暗示で、腕挙上は宙にかかげた腕を上げる暗示です。
これは重力の問題で、人間は腕を下ろす暗示のほうが受け入れやすいことから来ています。
なので催眠で、腕を上げる部分があった場合難しく感じてもしかたないのです。

幻覚には正の幻覚と負の幻覚があります。
正の幻覚とは存在しないものを存在するように感じる幻覚で、
負の幻覚とは存在するものを存在しないように感じる幻覚です。

幻視、つまり存在しないものを見る幻覚の反応率はわずか3%でした。
催眠で幻覚を見て楽しむのが、いかにハードルが高いのかわかりますね。

これに対して、触覚とアンモニアの反応率は46%と36%と比較的高い数値です。
催眠で幻覚を楽しむときは、視覚よりも触覚や嗅覚にアプローチしたほうがいいとわかりますね。

負の幻覚は、特に鎮痛の反応率が高く70~80%もあります。
催眠は、現在のように麻酔技術が発展する以前は貴重な鎮痛法でした。

3つの被暗示性

  • 2017/04/20(木) 04:14:53

暗示のかかりやすさを被暗示性と言います。
被暗示性は第一次被暗示性、第二次被暗示性、第三次被暗示性の3つから成ります。

では第一次被暗示性から紹介していきます。
第一次被暗示性とはイメージ反応や集中力に関する被暗示性です。
これは振り子テストという方法で確認することができます。
正しい方法ですと振り子の先に水晶をつけるのですが、
ここでは5円玉などで代用しても構いません。
どうぞ実際に試してください。
紐を人差し指と親指で持ちます。
そして前後に動くように念じてみてください。
ご覧ください。振り子はかすかに前後に動きました。
これは決してオカルトなどではなく、観念運動という人間の無意識に反応して体の一部が勝手に動く現象をいいます。

実をいうと「コックリさん」の正体はこの観念運動なんです。
集団の緊張状態によって軽度の催眠状態にかかり、無意識にある自分の中の答えに指を動かしてしますのです。
この振り子テストの振れ幅が大きければ大きいほど、第一次被暗示性が高いということになります。

次は第二次被暗示性です。
これは絵画テストなどによって調べられますが、嘘に引っかかりやすい性質を表します。
よく「騙されやすい人」は催眠にかかりやすいということも聞きますが、これは違います。
第二次被暗示性は、被催眠性との相関がないとはっきり証明されています。
あなたが「騙されにくい人」でも催眠にかかることができます。安心してください。

次は第三次被暗示性です。
これは熱錯覚テストなどで調べられますが、条件づけのされやすさを表します。
条件づけに関してはとても長くなってしまうので、別の記事で紹介します。

新作の発売時期変更

  • 2017/03/14(火) 19:13:20

春頃に発売を予定していましたが厳しい感じになってしまいました。
出来れば夏頃に発売してたいと思っております。
お待たせして大変申し訳ありません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。